カーテン専門店が教える目的別レースカーテンの選び方|遮光・遮像・遮熱

カーテン

レースカーテンの一般的な色は白。素材もレースで「どれも似ていて迷う」ことはありませんか。

当店も「レースカーテンはステキだけど、違いがよく分からない」「似ているから選び方が分からない」という質問をよくいただきます。

レースカーテンは似ているところがありますから、選び方に迷いますよね。迷ったときは、レースカーテンをどのような選び方で決めたらいいのでしょう。

今回の記事では、カーテン専門店がレースカーテンの選び方を解説します。レースカーテンを取りつける目的別に見て行きましょう。

レースカーテンの選び方とは?ズバリこれ

カーテンを選び方の最大のコツは、優先順位をつけることです。

レースカーテンの柄・レースカーテンの機能・他のカーテンとの合わせ方(カーテン同士の相性)の3つのポイントの中で自分が最も優先するのはどれか考え、優先順位をつけてしまうことをおすすめします。

優先順位をつけ、その優先順位の中でさらに細かな優先順位をつけることが、より自分好みでニーズに合ったレースカーテンの選び方になります。

「レースカーテンはどれも似ていて迷う」「レースカーテンはどれを選んだらいいか分からない」こんなときは、最初に自分の中や家族との話し合いで、優先順位づけを行う。これぞ、失敗しないレースカーテン選びのポイントなのです。

レースカーテンの柄の優先順位が高い場合の選び方

レースカーテンの柄と機能、他のカーテンとの相性の中で優先順位が最も高いのが「レースカーテンの柄」だった場合はどのようなレースカーテンを選べばいいのでしょう。

室内の調度に凝っている人は、確かにレースカーテンの柄を重視したいですよね。

レースカーテンには一枚でもオシャレなタイプと、他の調度を引き立たせるシンプルなタイプなどがあります。

「柄の優先度が高く、選び方で重視したい」というときは、次にレースカーテン1枚で華のあるタイプを選びたいか、それとも調度を目立たせたいのでシンプルなタイプを選びたいか、2つのポイントの優先順位を考えてみてください。

選び方①1枚で華のあるタイプを選びたい

デザインを重視する人は基本的に「自分好み」で選べばOK。ただ、1枚で使うことも考えて「心持ちデザインが凝っている」レースカーテンを選ぶのがおすすめです。デザインが凝っていると、1枚だけで室内の雰囲気がかなり変わりますよ。

>デザインレース

レースカーテンを1枚で使う場合は、窓辺を彩る華のあるデザインがよく好まれます。当店のレースカーテンでは、デザイン重視で1枚使いしたいお客様に、「スカラップデザインのミラーレースカーテン」が好評です。

ストレートタイプで、カーテンの下部に繊細なレース。紋様も華やかで、窓辺と室内が一気にエレガントな雰囲気になります。このような、ちょっと凝ったタイプのレースカーテンがおすすめです。

選び方②シンプルなタイプを選びたい

室内の調度が華やかであったり、室内の絵などを目立たせたかったりする場合は、あえてシンプルなカーテンを選ぶのもいいでしょう。シンプルなレースカーテンは自己主張が少ないので、室内の華やかさにもよく馴染みます。

レースカーテンの柄を優先したい場合で、さらに柄の中でもシンプルながらの優先順位が高い場合の選び方のポイントは2つです。2つのポイントは、レースカーテンの色と質感です。

レースカーテンは白色が多いと、多くの人は考えるでしょう。レースカーテンは純白だけでなく、アイボリーに近い白色などもあります。同じ白いレースカーテンでも、カーテンのブランドラインや素材によって、白の色調が異なるのです。

シンプルな柄がついている場合、柄によっても色調の感じ方が違ってきます。A柄は薄い白色に見えるのに、B柄は純白に近く見える。レースカーテンにはよくあることです。

当店のカーテンの中でシンプル派に人気のある「ミラーレースカーテン1980」。

>ミラーレースカーテン

 

ミラーレースカーテン1980は6つの柄で展開しています。植物のサラサ柄とドット柄では、同じ白色でも色調が違うように感じるとおっしゃるお客様は少なくありません。

柄が違えば、もちろん触ったときの質感も違います。

柄はシンプルが良いという場合は、ちょっとした質感の違いや色調の違いをチェックして、より部屋や好みに合ったレースカーテンを選びたいですね。

レースカーテンの機能が重要だと思う場合の選び方

レースカーテンは薄手のものがほとんどですが、加工などによっていろいろな機能が付加されています。

「光が強くて困っている」「家具の日焼けに困っている」。よって、レースカーテンの機能性を優先順位1位に据えて選びたい場合は、レースカーテンの機能の中で最も必要な機能を選び、その機能を持つレースカーテンの中から自分好みの柄を選ぶ方法がおすすめです。

遮熱・保温のレースカーテン

遮熱レースカーテンや保温レースカーテンとは、レースカーテンの中でも「室内の温度を保つこと」を優れた機能を発揮するレースカーテンのことです。冬は熱を逃がさず、室内を温かく保ちます。対して夏は冷房の冷たさを逃がさないため、室内を涼しく保つことができるのです。室内の温度を保つことにより、暖房費の節約にも繋がります。

レースカーテンの選び方で「機能性を優先順位1位にしたい」と考え、機能性にさらに順位づけする。レースカーテンの機能の中で「冷暖房費を節約したいので、節約に有効な機能を優先したい」「室内が寒いので、暖房の効きを良くしたい」という場合は、このタイプのレースカーテンを選ぶといいでしょう。

当店のレースカーテンの中では、「ミラーレースカーテン1980」などがこのタイプになります。

>ミラーレースカーテン

 

遮像のレースカーテン

遮像レースカーテンとは、人の視線を遮ることに特化したレースカーテンです。人の視線を遮りますから、家の中を見られたくなかったり、通りに面していて人通りが気になったりする場合に有効なレースカーテンになります。

レースカーテンの選び方を考えて優先順位づけをし、機能を重視したいと思った。機能の中でも、特に人の視線が気になるから、室内と外を遮るタイプが良い。こんなときは、遮像レースカーテンを選ぶことをおすすめします。

当店のレースカーテンの中では、「ミラーレースカーテン1980」や「ミラーレースカーテンブロッサム」などがこのタイプになります。

>ミラーレースカーテン

>ミラーレースブロッサム

遮光レースカーテン

光を遮るタイプのレースカーテンです。レースカーテンをはじめとしたカーテンには、ある程度光を遮る効果があります。遮光タイプの場合は加工や素材、作りを工夫し、通常のカーテンより、より遮光率を高めているタイプです。

レースカーテンの中にも、加工や素材によって遮光率(機能)を高めているタイプがあります。機能重視でレースカーテンを選びたい。さらに、機能の中では遮光を重視するという人は、このタイプのレースカーテンがおすすめです。

ただし、レースカーテンはレースという素材上、ある程度光を通してしまうため、人によっては「思ったより遮光ではなかった」とがっかりしてしまう可能性があります。高い遮光率を求めるなら、布地のしっかりしたドレープカーテンの方がおすすめです。

当店には、100%という高い遮光率を誇るカーテンもあります。レースカーテンとセットになっているので、光を取り入れたいときはドレープカーテンをまとめ、レースカーテンだけにしておくことも可能です。このようなカーテンセットを検討してみてはいかがでしょう。

UVカットレースカーテン

UVカットレースカーテンとは、紫外線カット効果のあるレースカーテンのことです。紫外線は家具や絨毯の日焼けや劣化の原因になります。人間の日焼けの原因にも。

「紫外線を防ぎたい」というニーズは、日焼け止めの売れ行きなどを考えると、かなり高いものだと分かります。室内に入り込む紫外線をカットしたい。日焼けを防止したいという場合は、UVカットレースカーテンがおすすめです。

なお、UVカット機能は、遮光カーテンなど他機能のあるカーテンに付属していることの多い機能になります。UVカット機能を最優先にしたい場合は、他にどんな機能があったら便利か考えておくと、レースカーテンの選び方でより迷わなくなるはずです。

花粉カットレースカーテン

レースカーテンの中には、花粉などのチリやゴミのカット機能に優れているものもあります。

春の花粉は本当に辛いですね。花粉症が辛い人や、室内に入り込んだ花粉の掃除が辛い人までさまざま。花粉などのチリ、ゴミは生活の大敵です。

機能重視でレースカーテンを選びたい。中でもチリやゴミなどへのカット機能を優先順位1位にしたい人は、花粉カットタイプのレースカーテンがおすすめです。

当店にも花粉のキャッチ機能に優れているカーテンがあります。花粉やチリ、ホコリなどへの対策機能の充実を求める人には特におすすめです。

>ミラーレースカーテンプラスワン

レースカーテンと他カーテンの相性が重要だと思う場合の選び方

レースカーテンを単品ではなく、他カーテン(ドレープカーテンなど)とセットで使うために購入することもあるはず。こんなときは、カーテン同士の相性を重視してレースカーテンを購入したいという人もいるのではないでしょうか。

たとえば、緑系のドレープカーテンには緑を連想させるツタなどの柄のレースカーテンを合わせてみてはいかがでしょう。ピンク系や赤系のカーテンには、小花柄のレースカーテンを合わせてみるのもいいですね。柄や色、雰囲気などを考えて、2枚のカーテンの仲人になったつもりで選ぶといいかもしれません。

レースカーテンと合わせるカーテンの機能の相性での選び方もあります。たとえば、もともと遮光カーテンを使っていて、そのカーテンに合ったレースカーテンを選びたい場合。この場合、相性による遮光率の底上げを考えて、遮光レースカーテンを合わせるという方法もあります。

当店のカーテンには、レースカーテンと相性の良いカーテンをセットにしたタイプもあります。最初から相性の良い組み合わせでセットにしているので、別々に購入するのではなく、セットで購入することも方法のひとつになります。

最後に

レースカーテンは全体的に白色系が多いという特徴があります。そのため「どれも同じに見える」「どれを選んだらいいか分からない」というお困りが発生しやすいのです。

レースカーテン選びで悩んだら、優先順位をつけてみてください。柄を優先するのか。機能を優先するのか。それとも、重ねて使うカーテンとの相性を優先するのか。まず、この3つのポイントで優先順位をつける。その後に「では、どの機能を一番優先する?」など、それぞれの機能間など細かな優先順位もつけておくと、スムーズに決めることが可能です。

レースカーテンで悩んだら、専門店に相談するのも良い方法です。レースカーテン選びや選び方で悩んだら、お気軽に当店へご相談くださいね。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました