冬の玄関の寒さ対策にカーテンやのれんが効果的?カーテンやのれんの選び方と注意点

カーテン

冬に暖房をつけていても寒い。窓をしっかり閉めて、窓辺にカーテンを付けている。それでも、なぜか家の中の空気が冷たいまま。こんなことはありませんか?

冬の夜に目を覚ましてお手洗いに立ったら、廊下や玄関先がびっくりするくらい寒い。隙間風も感じる。こんなこともないでしょうか。

実はこの隙間風や寒さの原因は、「玄関」かもしれません。玄関を閉めていても、隙間風が入ってくることがあります。また、玄関のドアが冬の冷気で冷えてしまい、家の中が寒くなる原因の1つになっていることがあるのです。

室内の空気を窓の冷えをカーテンで遮断することも寒さ対策に有効ですが、カーテンやのれんで玄関の「冷え」「寒さ」「隙間風」「冷たい空気」の対策をすることも、家の中の寒さ対策には有効なのです。

・なぜ玄関のカーテンやのれんが寒さ対策になるのか

・玄関のカーテンやのれんの使い方

・玄関に使うカーテンやのれんの選び方

寒い時期に知っておきたいカーテンとのれんの知識を、カーテン専門店が解説します。

なぜ玄関のカーテンやのれんが寒さ対策になるの?

冬場にどこかから隙間風が入ってくる。夜起きると、玄関や廊下がびっくりするくらい寒い。ちゃんと窓を閉めているのに、家の中がひんやりしている。こんなときは、暖房の設定や外の気温に問題があると考える人が少なくないはずです。

室内に寒さ対策にぴったりの厚手のカーテンなどを使い、寒さ対策をしているとますます「外の気温のせい」「暖房が古いから」なんて思ってしまいます。しかし、実際に探ってみると、原因の一端が「玄関にあった」と分かることがあります。なぜ寒さの原因が玄関にあるのでしょう。

玄関のドアの冷たさと隙間風が寒さの原因になる

玄関のドアは、寒い季節になると冷えます。金属やガラスの部分が冷気で冷え、日によっては結露を生じることも。つまり、窓と同じ状態になるのです。窓はカーテンによって室内の空気を遮られますが、多くの場合、玄関のドアは放置されることが多くなります。冷えたドアが家の中の空気を冷やしてしまうわけですね。

また、玄関の隙間風も侮れません。「玄関に隙間風なんてあるの?」と思うかもしれません。築年数の古い家やアパートは玄関に歪みが出ていたり、玄関ドアの立て付けが悪くなっていたりします。歪みや立て付けの悪さがあると、玄関ドアに隙間が生じますので、寒い季節は特に冷たい風が吹き込んでしまうのです。

自分の家の玄関に隙間風はあるのかを確認したい場合は、夜などの静かな時間に玄関をチェックするとよく分かります。ドアの隙間から風の音がしたり、玄関や玄関に近い廊下などに風を感じたりすることがあります。玄関に飾ってある布製品や花などが、隙間風で微かに揺れることもあるのです。玄関に小窓がある場合は、小窓の立て付けなどが問題になって隙間風が生じていることもあります。

玄関ドアの冷たさや隙間風は、家の中の寒さに拍車をかけます。玄関ドアの冷たさや隙間風について対策することで、家の中の寒さに改善が見られることもあるのです。

玄関のカーテンやのれんの使い方とは?寒さ対策の方法

玄関の寒さ対策には、窓と同じくカーテンなどが有効です。

寒い季節の窓にカーテンなどを取り付けることで、冷たい窓に触れて冷えた空気をシャットアウトしますよね。隙間風も、ある程度はカーテンやのれんなどが防いでくれるはずです。

玄関も同じです。冷えたドアで冷たくなった空気や隙間風を、玄関先に取り付けたカーテンなどが防いでくれるのです。隙間風や冷たい空気を防ぐことができれば、寒さ対策としてプラスになります。

では、具体的に、どのようにカーテンやのれんなどを使うのかという話です。

使い方はカンタンです。

1.玄関や玄関の小窓のサイズに合わせてカーテンを選ぶ

2.カーテンやのれんを玄関や玄関先の小窓に取り付ける

以上の2ステップでOK。

カーテンやのれんのサイズを合わせて取り付けさえすれば、カーテンやのれんが隙間風や冷たい空気を防いでくれるはずです。窓のところに取り付けたカーテンと同じ理屈ですね。

玄関や玄関先の小窓に合ったサイズのカーテンとは

玄関や玄関先の小窓に使うカーテンやのれんは、サイズが重要です。

玄関のカーテンやのれんのサイズの決め方のポイントは2つ。玄関サイズに合わせる。軸芯などを使う場合は、軸芯のサイズにも合わせることです。カーテンやのれんは長めの方が冷気を防ぎやすいのですが、玄関は土足の場でもあるので、下に届くのが嫌だという場合はやや短めを選んだ方がいいでしょう。

玄関先の小窓に使うカーテンは、部屋に使うカーテンと同じ流れでのサイズ選びで差し支えありません。ただ、窓が小さめの場合はカーテンやのれんの種類が限られてくるため注意が必要です。

なお、玄関にカーテンやのれんを使う場合は、重さも考えてカーテン選びをしましょう。

玄関や玄関先の小窓にどうやってカーテンを取り付けるの

玄関先にカーテンを設置するという発想がなかなか出てこないお宅もあるようです。そのため、冬場の寒さ対策で玄関先や玄関の小窓にカーテンを取り付けることを提案しても、「どうやって取り付けるのですか?」という反応を見せる人が少なくありません。

取り付け方はカンタンです。カーテンレールや軸芯などを使って、カーテンを設置する。または、軸芯などを使い、のれんをドアに近い形で取り付けるようにします。軸芯などを使うときは、玄関の幅をよく測って購入することが重要です。

のれんを下げれば、来客のときでもあまり違和感はありませんね。取り外ししやすい軸芯などで取り付ければ、日中は取り外しすることも可能です。カーテンの場合は、取り外ししてもいいですし、ドアの横側にカーテンベルトなどでまとめても問題ありません。

参考商品:つっぱり式ハニカムスクリーン 既製サイズ|さくらインテリア

玄関にカーテンやのれんを使うときの注意点3つ

玄関にのれんやカーテンを取り付けて寒さ対策をするときは、3つのポイントに注意する必要があります。

1.カーテンやのれんの使い方を決めておく

2.重すぎるカーテンは避ける

3.玄関の壁などの状況を確認しておく

カーテンやのれんの使い方を決めておく

カーテンやのれんを玄関で使うときは、カーテンやのれんの使い方(ルール)を決めておくことも重要です。

玄関は人の出入りする場所になります。カーテンを閉めた状態で放置すると隙間風などは防げますが、人の出入りや来客に差し支えるはずです。のれんの場合は下げたままでも差し支えない場合もありますが、カーテンの場合は締め切りにしておくことは難しいのではないでしょうか。

カーテンは横にまとめてカーテンベルトなどでまとめるのか。あるいは、日中は外しておくのか。ルールを考えて、ルールに都合の良いカーテンを選ぶこともポイントになります。

重すぎるカーテンは避ける

玄関先に軸芯やカーテンレールを取り付けた場合、あまり幅が長い物や大がかりな物は取り付けられないことが多くなっています。そのため、重すぎるカーテンを取り付けると、重さで軸芯やカーテンレールが歪んでしまったり、折れてしまったりすることがあるのです。

玄関の寒さを防ぐためにカーテンやのれんを購入する場合は、のれんやカーテンの重さにも注意することが必要です。

カーテンやのれんの重さと軸芯やカーテンレールとのバランスや耐久については、当店に相談していただければ、アドバイスが可能です。玄関や玄関先の小窓に使うときのポイントなどもアドバイスできますよ。

玄関の壁などの状況を確認しておく

玄関先に取り付けできるカーテンレールや軸芯などもあります。ホームセンターなどでも意外と手に入るため、購入自体は難しくありません。ただ、購入前に家の壁や玄関周りをチェックしておくことが重要です。

玄関などの幅をはかることも大切ですが、新たに「取り付ける」ということは、壁などの負担が増えるということですから、現状でヒビや歪みがないか等は念のために確認しておきましょう。

玄関のどのあたりから隙間風が入ってくるかなども確認しておきたいポイントです。カーテンやのれんを取り付けても、隙間風が吹き込む部分と廊下(玄関の先)をある程度遮れないと、けっきょく寒さがあまり変わらない結果になってしまうからです。

参考商品:間仕切りカーテン 幅100cm 丈250cm|さくらインテリア

最後に

冬場に暖房の火力を上げても寒い場合や、窓を閉め切っても風が吹き込む場合は、玄関が寒さの原因になっていることがあります。玄関先や玄関の小窓などにカーテンやのれんを取り付けることで、廊下の寒さや家の中に肌を刺すような寒さが緩和されることも。

カーテンやのれんについてのお悩みや疑問は、当店までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました