風水でカーテン選び②|方位別にカーテンを選ぶ

カーテン

前回の記事では、カーテンの色と風水について解説しました。今回の記事は引き続き、カーテン選びに活かすことのできる風水の知識について解説します。

東西南北それぞれのおすすめカラーカーテンは?

以上のポイントについて解説します。

なお、カーテンの風水の色について知りたい方は、前回の記事をチェックしてみてくださいね。

風水でカーテン選び①|カーテンの色による意味とは?
カーテン選びで何を重視するかは人それぞれ。お店にカーテンを選びに来る人の中には「風水も選ぶときの参考にしたいな」という人もいらっしゃいます。カーテンは日々を彩る存在です。自室に設置するカーテンは、目を覚まして真っ先に目にする存在でもあるので

風水によるカーテン選び|東の方角におすすめのカーテン

東は太陽が昇る方角。風水において東にマッチした色や物を配置することは、「上昇」に繋がると言われています。東側の窓にマッチしたカーテンを選ぶことで、気力や体力、行動力や自信を太陽のように上昇させましょう。

東には真東と北東があります。

東におすすめのカーテン

東は仕事運や勉強運、物事の発展、情報に関係する方角です。太陽が東から上るように、吉報などの情報は東からやってきます。情報を掴むことができれば仕事が上手く回り、知識も蓄えられ、自分を含めて物事が発展するという良い循環を生むことができるのです。

東側の窓におすすめのカーテンは、赤やピンク、黄色、白など。淡い色合いより、ビビットなはっきりとした色合いがおすすめです。

赤は太陽の色ですし、黄色は情報伝達の色でもあります。色がどのような印象を持っているか考えて取り入れてみてください。

北東におすすめのカーテン

北東は不動産や居住などに関係する方角です。他には貯蓄や相続などに関係する方角になります。堅実なものを司る方角という印象がないでしょうか。

不動産は大地の上に立ちます。貯蓄は堅実さの表れです。相続は、堅実に育まれた財産が次の世代に受け継がれることになります。一方、北東は変化とも結びつけられる方角。転職や転居などとも結びつくのです。堅実さだけでなく、移ろいも感じさせる方角になります。

北東におすすめのカラーカーテンは淡い黄色や白。黄色は蓄財の色です。不動産という財産、貯蓄という財産と結びつきます。白は「心機一転」の色でもあるので、転職などを考えればぴったりの色です。

風水によるカーテン選び|西の方角におすすめのカーテン

西は太陽が沈む方角です。「沈む」という言葉から縁起が悪そうな印象を受けるかもしれませんが、決してそうではありません。沈むということは「埋没」。下です。東が上昇であれば、下に何かが埋没しているのが西。決して下降ではありません。

西は心の充足やお金と関連付けられます。満足とは心が埋め尽くされること。金は地によって育まれるため、埋没しているわけです。

西におすすめのカーテン

西は金運と強く関連付けられる方位なので、黄色や白のカーテンがおすすめです。

黄色はまさにお金の色。西はお金を生む商売運の方角でもあるので「仕事でたくさんお金が入るように」という祈りを込めて黄色系の色を使ってみてはいかがでしょう。白は請求書の色。やはりお金に関係する色なので、黄色以外では白いカーテンなどをチョイスするのがおすすめです。

なお、西からは西日が入ります。光が強い場合は、遮光機能を備えたカーテンを使うことをおすすめします。遮光により西側の強い光の熱や眩さを遮ることが可能です。強い西日は浪費に繋がると言われているので、浪費の防止にもなります。

南西におすすめのカーテン

家庭や安定に関係する方角だと言われるのが南西。家庭は不動産(家)にも繋がるため、不動産運にも関係します。安定により心や体がゆったりすることで、健康にも繋がる。繋がりにより、健康運の方位とも。西は金運の方位なので、お金によって家庭や生活が安定するとも捉えられますね。

南西におすすめの色は、グレー系や紫系など。緑系や黄色系、白いカーテンなどもおすすめです。反対に赤色は色彩的な強さからバランス(安定)を欠くとして、南西にはあまりおすすめしません。

風水によるカーテン選び|南の方角におすすめのカーテン

南には「暖かい(温かい)」という印象がありませんか。南は火のパワー(気)が強い方角で、社幸運や美容運と関連付けられます。

暖かいと外に出て人と会うことも億劫ではなくなる。気分が高揚する。社交性が高くなる。温かさは血行を良くするので、美容にプラス。こんなふうに考えると、南という方位の持つ意味がわかりやすくなるのではないでしょうか。

南におすすめのカーテン

人気運や美容運に関係するのが南。南の方角全体が社交にも関連付けられます。社交の場で人が集まってくるということは、その人の知性や芸術性などに魅力があるということではないでしょうか。南という方角は総合的に社交に関係し、さらに真南は、社交と関係の深い知識や芸術などとも関係があるのです。

南におすすめのカーテンは、グリーン系やベージュ系。ベージュは肌の色であり、化粧の色でもあります。また、緑を南に取り入れると、芸術運がアップするのだとか。

東南におすすめのカーテン

社交は社交でも、異性との社交運と関係するのが東南です。異性との社交、つまり恋愛運や結婚運を上げたいなら、東南の窓に飾るカーテンにぜひとも相性の良い色柄をチョイスしたいもの。

おすすめしたいカーテンは、オレンジや黄緑、白、ベージュなどです。ベージュは化粧の色であり、肌の色でもあります。白は花嫁衣裳の色ですね。オレンジや黄緑系は南国の植物を思わせる明るくチャーミングな色になります。

東南は特に花柄とも相性の良い方位なので、花柄のカーテンを取り入れるのもおすすめです。

風水によるカーテン選び|北の方角におすすめのカーテン

北の方位は柔軟性や自立性と関係のある方位です。北は水のエネルギーを持つと言われるためでしょうか。

水は器に従って、柔軟にかたちを変えます。自分の芯がしっかりあれば、相手に合わせることもできますよね。これは自立や精神的な成熟とも関係があるのです。

北には真北と北西があります。北全体の意味を踏まえて、どのようなカーテンを選んだらいいのでしょう。

北におすすめのカーテン

南は社幸運と関連する恋愛運でしたが、北は大人(精神的な自立)と関係する恋愛運です。自立した人間として稼ぐことに由来する金運なども北と関係あります。そのほかは、浄化など。

北におすすめのカーテンは、大人っぽいワインレッドやピンク、アイボリーなど。淡い色やビビットな色より、大人びた深みのある色合いのカーテンが向きます。

金運には金色や黄色が効果的と言われるため、金色のタッセルがついたカーテンなどは金運もフォローできておすすめです。

北西におすすめのカーテン

事業運や出世運、権力者やお金持ちとの結婚に関係する方角が北西です。自立心や独立心を発展させて事業を成功させる。出生する。このような感じです。

北西におすすめのカーテンは、ベージュやブラウン系の色。真北と同じく、少し金色を取り入れてもいいでしょう。

ただし、黒やグレー、深い青色や紺などは北西にはあまりおすすめしないカラーカーテンです。赤も向きません。黒系や青系は水のパワーが強くなり過ぎて陰気になり、赤は火に繋がるため、水のパワーと衝突すると言われます。

最後に

カーテン選びでは、必ず風水を取り入れなければいけないというわけではありません。ただ、カーテンの種類は非常に多いため、選び方の1つの基準にはなるはずです。最終的には、カーテンを飾りたい場所や自分の好みに合ったカーテンを選んでOKです。

カーテンについてわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

さくらインテリア商品チェック

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました