オフィス/仕事部屋にラグがあるといい5つの理由

ラグ

ラグはオフィスや仕事部屋でもよく使われます。「仕事をする場所にラグを使うとゆったりし過ぎでは」と思うかもしれませんが、そのようなことはありません。ラグをオフィスや仕事部屋に敷くことにはメリットがあり、企業や個人事業主、在宅ワークの人たちにも積極的に使われているのです。

ラグをオフィスや仕事部屋に敷くメリットを5つのポイントで説明します。

オフィスを持っている人や自宅に仕事部屋を設けている人は、ラグを仕事の場に取り入れるメリットにぜひ注目していただきたい。そんな思いで、ラグ・カーテンの専門店スタッフが、仕事場でのラグ活用のメリットを解説します。

オフィスや仕事部屋にラグがあるといい5つの理由

ラグは足元に敷くアイテムなので、ラグを使うと仕事部屋などでも足元が温かいというメリットがあります。しかし、ラグのメリットは足元の温かさだけではありません。オフィスや仕事部屋に敷くことで、足元が温かい以外のメリットもあるのです。

中には「ラグにはこのようなメリットがあったのか」という意外な理由もあります。

オフィスや仕事部屋にラグがあるといい理由を順番に見ていきましょう。

オフィスや仕事部屋の印象が柔らかくなる

仕事をするうえでオフィスや仕事部屋の印象は重要ではないでしょうか。特に取引先や打ち合わせの相手などがやってくるときは、オフィスや仕事部屋の雰囲気、印象などに気をつかう仕事人は少なくないはずです。

ラグをオフィスやオフィスの入り口、仕事部屋に敷くことで雰囲気や印象が柔らかくなります。オフィスの床などは特に硬質的な印象のある素材がよく使われています。そこにラグを敷くことで、色や質感により柔らかな印象になるのです。仕事部屋のフローリングなどの場合も同様になります。

このように、ラグにはオフィスや仕事部屋の印象に柔らかさを与えるメリットがあります。仕事部屋や仕事そのものの印象作りとしてラグは有効活用できるのです。

ラグの消音効果でオフィスや仕事部屋が静かになる

ラグには消音効果があります。足音や機械の音、仕事で立てる物音などをラグが吸収するのです。床に何も敷かないよりラグを1枚敷くことにより、音が響きにくくなり、音自体も控えめになります。消音という点では、ラグは優秀です。

オフィスや仕事部屋にラグを敷くことにより、オフィスや仕事部屋の物音を吸収し、静かに仕事に集中できるというメリットがあります。加えて、隣のオフィスなどに音を響きにくくするのです。

自宅を仕事部屋にして在宅ワークなどをしている場合は、お隣に仕事の音が響くことを嫌がる人も少なくないはずです。

ラグを仕事部屋に敷いておくと仕事の音を軽減できますので、お隣へ仕事の音が響くことを軽減できます。取引先の人や打ち合わせの相手などが家に来たときの足音も軽減できるのです。お隣だけでなく階下に仕事関係の音が響くことを防ぎたいケースでは、消音効果のあるラグを敷くメリットがあります。

オフィスなどでは防音や消音などを考えてラグを活用するケースがあるのです。

ラグを敷くことでオフィスや仕事部屋の汚れを防止できる

ラグを敷くことでオフィスや仕事部屋の汚れを防止できます。床の汚れを防止したい場合はラグを使うメリットがあるのです。

たとえば在宅ワークをはじめるとします。在宅ワークのために自宅に資料や仕事道具を運び込まなければならなくなりました。このようなケースでは、仕事部屋にラグを敷くメリットがあります。ラグを敷いてそのうえに仕事の資料や仕事道具を置けば、仕事部屋の床の汚れを防止できるからです。

これはオフィスでも同じことがいえます。オフィスのコピー機の下など、特に汚れやすい場所にラグを敷くことでオフィスの床を守れるというメリットがあるのです。特にオフィスを借りている場合は床の汚れで貸主とトラブルになる可能性があるため、汚れ防止としてラグを敷くことにメリットがあります。

ラグ自体はウォッシャブルタイプ(洗濯できるタイプ)も多いため、汚れても洗えばいいという気楽さもあるのです。

また、ラグをオフィスの入り口などに敷くことで、外からの汚れも防止できます。

オフィスの入り口にラグを敷くことで、取引先の人や打ち合わせに来た人の外からの汚れをラグで吸着できるというメリットがあるのです。オフィスの雰囲気をラグで柔らかくできるというメリットもあるため一石二鳥です。

ラグを敷くことでオフィスや部屋の傷を防止する

ラグを敷くことでオフィスの床の傷も防止できます。

在宅ワークをする場合は、どうしても室内に仕事用の機器や道具、資料などを置かなければいけません。仕事の機器などで床を傷つけてしまうケースがあります。

もとから絨毯などを敷いていればいいのですが、中には床の上に直接機器などを置いてしまうケースがあるのです。このようなケースでは絨毯を床全面に敷かず、仕事スペースにだけラグを敷くという方法があります。ラグは足元を温かくしてくれるアイテムですが、床の傷防止という点でも有用なアイテムなのです。

機器や資料などを多く使う可能性のある仕事部屋やオフィスだからこそ、ラグを使って床を守るメリットがあります。機器による傷を防ぐために床の一画にだけラグを敷くなど、オフィスでもよく使われている方法です。

ラグがホコリやゴミを吸着し舞い上がらないようにする

ラグにはホコリやゴミを吸着する効果があります。また、素材や作りの関係でホコリやゴミを舞い上がらないようにする効果もあるのです。

オフィスや仕事場にラグを取り入れることで、仕事部屋やオフィスのホコリが舞い上がり、空気がゴミっぽくなることを防止できます。加えて、オフィスや仕事部屋にラグを敷くことでゴミやホコリを吸着しますので、ラグを洗濯すればいいため、掃除が手軽になるのです。

仕事部屋やオフィスのホコリなどが気になるときは、ラグを足元に敷いてみてはいかがでしょう。

最後に

ラグはオフィスや仕事部屋にもメリットのあるアイテムです。そのメリットこそが「ラグを仕事部屋やオフィスに取り入れたい」という理由になっています。

当店ではいろいろなラグを扱っていますので、仕事部屋やオフィスにぴったりのラグもきっと見つかるはずです。ラグ選びはお気軽に当店へご相談ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました