ラグの洗い方!洗濯機で洗えないときにお風呂で洗う方法を専門店が紹介します

ラグ

ラグを洗濯機で洗おうと思っても「ラグが大きくて洗えない」ことはありませんか。ラグの大きさや毛足のボリュームなどによっては自宅の洗濯機で洗うことが難しいケースがあります。

ラグを自宅の洗濯機で洗うことが難しい場合は「お風呂場でラグを洗う」という方法があります。

洗濯機が小型でラグが入らない。ラグを洗おうとするとラグの重さなどで洗濯機が上手く回らない。このようなケースではラグを洗濯機ではなくお風呂場で洗ってみてはいかがでしょう。お風呂場でのラグの洗濯は、小ぶりのラグを洗うときも重宝しますよ。

この記事ではラグ・カーテンの専門店のスタッフがラグをお風呂場で洗う方法を解説します。

ラグをお風呂場で洗うときの手順

ラグをお風呂場で洗うときは以下の手順で進めます。

1.ラグの洗濯表示を確認する

2.ラグのゴミを払っておく

3.ラグを洗う準備をする

4.ラグをつけ置き洗いする

5.ラグの踏み洗いをする

6.ラグの水切りをする

以上がラグをお風呂場で洗うときの手順です。

手順に沿って見ていきましょう。

手順①ラグの洗濯表示を確認する

ラグをお風呂場で洗うときは、まずラグの洗濯表示を確認する必要があります。

自宅で洗濯できないタイプのラグはお風呂場でも洗えませんので注意してください。自宅で洗えないラグは無理に洗うと色落ちや破れなどの原因になるため、ラグの洗濯をしてくれる専門業者に相談することをおすすめします。

ラグの洗濯表示に「洗濯できない」という表示がなければお風呂で洗えます。また、ラグが「ウォッシャブルタイプ」になっている場合も洗濯機や自宅のお風呂場で問題なく洗えるタイプのラグです。

なお、オーダーメイドの高級ラグなどについては、手洗いや洗濯は推奨しません。オーダーメイドの高価なラグなどは洗濯の専門業者に任せるか、ラグを購入したお店に問い合わせてから洗濯した方が安心です。

手順②ラグのゴミを払っておく

ラグをお風呂場で洗う前にラグをカンタンに掃除しておきましょう。ラグをお風呂場で洗う前にしておきたい掃除はふたつです。

ひとつは掃除機などでラグのゴミを吸っておくこと。ラグのゴミをある程度吸っておかないと、せっかく洗ってもゴミが絡んだりしてしまい、洗い上がりがすっきりしません。ラグをキレイに洗い上げるためにもラグマットを先に掃除機などで掃除しておきましょう。

ラグが小型であれば、玄関やベランダなどでゴミを叩き落としてもOKです。

ラグをお風呂場で洗う前にしておきたいもうひとつのことは、ラグのシミ対策になります。

ラグにシミがある場合、他の部分より汚れているわけですから、お風呂場で均等に洗ってもその箇所だけキレイにならないかもしれません。

先にラグのシミ部分に洗剤を染み込ませ、タオルなどで拭っておくと、洗ったときにシミ抜きがよりキレイにできます。

手順③ラグを洗う準備をする

ラグの掃除をしたら継ぐにラグを洗う準備をします。ラグを洗う準備としておきたいことはふたつ。ラグを畳むことと、お風呂の浴槽にお湯をはることです。

ラグはそのままではお風呂の浴槽には入りませんから、基本的に畳んで洗います。蛇腹のような畳み方でいいのでラグを浴槽に入るくらいのサイズまで畳んでください。蛇腹のような折り方が難しい場合は、とにかく「浴槽に入ること」を意識して畳めばOKです。

畳む際はシミなどの汚れが酷い部分が外側に来るように工夫してくださいね。その方が、ラグの汚れが落ちやすくなります。

ラグを畳んだら、今度は浴槽にお湯をはります。

お湯の温度は基本的に洗濯表示に従ってください。たとえば40度と書かれている場合は、使えるお湯は40度までです。それ以上の温度のお湯で洗わないよう注意が必要になります。ぬるま湯くらいの温度でも差し支えありません。

手順④ラグをつけ置き洗いする

ラグを洗う準備をしたら、次はラグをつけ置き洗いします。お湯の中に中性洗剤(オシャレ着用の中性洗剤があればベターです)を入れてラグをつけ置きします。洗剤の量はお風呂のお湯の量に合わせるようにしてください。

つけ置き洗いの時間は大体1~2時間くらいが目安です。

手順⑤ラグの踏み洗いをする

もし可能なら、つけ置き洗いだけでなく踏み洗いするのもおすすめです。

お風呂でつけ置き洗いしているラグを浴槽の中で踏みます。踏むことで洗剤が浸透し、汚れが落ちます。踏み洗いのときは、可能なら浴槽の中でラグをひっくり返して裏側も踏み洗いすると効果的です。ラグはお湯を吸って重くなります。ひっくり返すときは注意してください。

手順⑥ラグの水切りをする

最後にラグをすすぎ洗いして、洗剤がしっかり落ちたのを確認してからラグの水切りをおこないます。

ラグのすすぎはなかなか洗剤が落ち切りませんので、浴槽のお湯(ラグを洗ったお湯)を抜き、そこにまたお湯をはってすすぎ、引きあげてシャワーなどで洗うという流れを2~3回繰り返します。洗剤が落ちたらラグを踏み、水切りしてください。

ただ、ラグは大きく厚いため、踏んだくらいでは水切りできません。踏んだ後に浴槽などにかけて、水がある程度落ちなくなるまで待ちましょう。お風呂に乾燥機がついているお宅の場合は、水切り中に乾燥機を使うと乾きが早くなります。

ラグから水滴がほとんど落ちなくなったら、よく風が通る場所に乾して完了です。

ラグをお風呂場で洗うときの注意点

ラグをお風呂場で洗うときはラグの重量に注意してください。

服なども洗濯機で洗うと重くなってしまいますよね。ラグも同じです。ラグは大判なのでますます重くなってしまいます。水を吸い込んだラグを無理に持ち上げると怪我のものになるため、重くて持つことが難しい場合は無理せず家族に手伝ってもらいましょう。

最後に

ラグを洗おうとしても洗濯機に入らないことや、洗濯機がラグの重さで上手く回らないことがあります。そんなときは洗濯機ではなくお風呂でラグを洗ってみてはいかがでしょう。ラグはお風呂場で洗うことも可能です。

ラグを洗うときはまず洗濯表示を確認。その後にラグの掃除をして、浴槽につけ置き洗いをするという流れです。ラグは水を吸うと重くなりますから怪我に注意してくださいね。

ラグの取り扱いや疑問点があれば、お気軽に当店へご相談ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました