ラグは敷きっぱなしだとカビがはえる?使い方の注意点を専門店が解説

ラグ

ラグは普段から敷きっぱなしで使うお宅も少なくありません。また、冬になると、ラグをこまめに上げ下ろししているようなお宅でも「寒いから」「面倒だから」「どうせ昼間は敷くのだから」などの理由から、敷きっぱなしにすることがあるはずです。

布団の場合はこまめに上げ下ろししないと、床やカーペットにカビがはえてしまうことがあります。

ラグの場合はどうなのでしょう。ラグも布団のようにこまめに上げ下ろししないとカビの温床になってしまうのでしょうか。ラグを敷きっぱなしで使うときに使い方で注意したいポイントはあるのでしょうか。

ラグを愛用しているお客様からいただいた不安の声にラグ・カーテンの専門店がお答えします。

ラグは敷きっぱなしだとカビの温床になるの?

冬場に敷きっぱなしの布団はぬくぬくして気持ち良いものですが、よく「カビの温床になる」というお悩みを耳にします。

人間は寝ている間にコップ1杯の汗をかくのだとか。布団で眠っている間に汗をかいてしまい、布団の温かさもあって、布団の下のカーペットなどにカビがはえることがあるのです。布団を敷きっぱなしにしていると、ますますカビの温床になってしまいます。

では、ラグはどうなのでしょう。ラグも敷きっぱなしにしていると、カビのリスクがあるのでしょうか。

結論からいうと、基本的にラグは敷きっぱなしにしても、ほぼカビがはえるようなことはありません。

布団とラグは素材も違いますし、使い方も異なるのです。

布団は寝るときに使い、布団をかけます。湿気がこもりやすいのです。対してラグは生活スペースに敷いて使い、ちょっとお昼寝してしまうことはあるかもしれませんが、布団のような寝具とは違います。用途の差から、布団などの寝具の方がカビにつながりやすいのです。

フローリングの床やカーペットなどの上にラグを敷きっぱなしにしても、寝具のようにすぐカビがはえることはありません。

ただし、場合によってはカビリスクがあるため、注意が必要です。

ラグの下にカビや汚れがあればリスクがある

ラグを敷くときに、すでにカーペットやフローリングに汚れやカビがあれば、ラグを敷きっぱなしにしたときにカビなどのリスクがあります。

たとえば、フローリングにカビのような変色があり、気にせずそのうえにラグを敷いてしまったとします。このようなケースではすでにラグの下にカビがはえているわけですから、ラグを敷きっぱなしにすることによって、カビが広がってしまう可能性があるのです。

カーペットの上にラグを敷く場合も同じで、カーペットにすでにカビの温床になる汚れがあったり、カビ自体がはえていたりすれば、カビが広がるリスクがあります。

ラグを敷きっぱなしにしても布団を敷きっぱなしにしたようにカビがはえるようなことは、ほぼありません。しかし、敷く段階のフローリングやカーペットの状態によっては、カビのリスクがあるということです。

ラグの上のカビがはえるリスクはある

ラグを敷きっぱなしにしても、最初からカビが生えていたなどの事情があるケースをのぞき、ラグの下がカビの温床になるようなことは、まずありません。

しかし、ラグの上は話が別です。ラグを敷きっぱなしにして、ラグの上に食べカスなどを零してそのまま使っているとラグの質感が落ちる他、ラグのカビの原因になる可能性があります。

ラグを敷いているととき、ラグの表面と床やカーペットと接するところは別物。ラグを心地よく、そしてカビの温床にせずに使うためにも、ラグの交換やお手入れなどをおこないましょう。

また、ラグを敷きっぱなしで使うときは、いくつか注意点があります。

ラグを敷きっぱなしで使うときの注意点

ラグを敷きっぱなしで使うときに注意したいのは3つのポイントです。

敷きっぱなしのラグを清潔かつ快適に使うために、注意点を意識してみてください。

敷きっぱなしのラグは汚れやすい!こまめなお手入れが重要

ラグを敷きっぱなしにすると、こまめに上げ下ろしする場合より汚れやすくなります。なぜなら、常にラグの上を歩き、ラグの上で生活することになるからです。

生活には飲食も含まれますから、食べ物や飲み物をこぼしたりすることもありますよね。さらに、外から帰宅して、外の汚れがついたままラグの上を移動することもあるわけですから、常に敷いているとラグは汚れやすくなるのです。

ラグを敷きっぱなしにするときは、こまめに掃除機をかけるなど、衛生状態に気をつけることが重要になります。

敷きっぱなしのラグは季節の変わり目などに洗濯する

ラグを敷きっぱなしにしているときは、冬場は「洗濯が面倒」と思い、あまりこまめに洗わないかもしれません。しかし、そのままラグを敷きっぱなしで放置してしまうと、足や手に触れたときのふわふわ感、つまり心地よさが低下してしまいます。

ラグをキレイかつふわふわに保つためにも、敷きっぱなしにした冬などは、季節の変わり目などにラグを洗濯するといいでしょう。

ラグの中には自宅の洗濯機でカンタンに洗えるタイプもありますから、そのようなタイプのラグを購入するといいですね。

当店のラグは1年中使えるタイプで、かつ、洗いやすいタイプをそろえています。

一年中快適 【フランネルラグ】 オールシーズン使えるラグ-あなたのライフスタイルをご提案【さくらインテリア】
ラグ ラグマット オールシーズン 春用 夏用 秋用 冬用 安い ラグカーペット 北欧 西海岸 軽量 ホットカーペット 床暖房 フランネルラグ
ラグ | あなたのライフスタイルをご提案【さくらインテリア】
「あなたのライフスタイルをご提案【さくらインテリア】」の「ラグ」カテゴリーの商品一覧

敷きっぱなしのラグの質感が変わったら交換を検討する

敷きっぱなしのラグなどは「買ったときと質感が違う」と、使っているうちに思うことがありますよね。買ったときとあまりに質感が変わってしまい、かつ、洗ったときも質感があまり変わらなければラグの交換を検討した方がいいかもしれません。

ラグは家によって使い方がかなり違い、冬場にしか使わないお宅もあれば、年間を通して敷きっぱなしにするお宅もあります。だからこそ、ラグの交換時期は判断が難しいところがあるのです。

敷きっぱなしのラグは汚れやすく劣化が進みやすいので、質感が明らかに違ってきたら、衛生や使い心地のことを考えて交換を検討してみてはいかがでしょう。

最後に

ラグを敷きっぱなしにすると、布団を敷きっぱなしにしたときのようにカビがはえるのではないか。

このような心配をするお客様がいます。

ラグと布団は用途などを根本的に違うため、ラグを敷きっぱなしにしたからといって、敷きっぱなしの布団のようにすぐ布団の下にカビがはえるようなことはありません。基本的には心配いりません。

ただし、ラグが汚れているとカビのもとになりますし、衛生面も心配です。質感も落ちてしまいます。ラグを敷きっぱなしにして使うときは、こまめなお手入れを心がけましょう。

ラグやカーテンのお悩みや疑問は、お気軽に当店へご相談くださいね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました