青系カーテンのメリットとデメリットは?【カーテンの基礎知識】

カーテン

カーテン選びのときに重要なカーテンの色。カーテン色によってカーテンの印象も変わりますし、色自体にもメリットとデメリットがあります。

カーテンを選ぶときは生地素材も注目したいポイントのひとつですが、色のメリットやデメリットにも注意したいですね。

カーテンの専門店がカーテン選びのときに役立てたい、青色系カーテンのメリットとデメリットについて解説します。

青系カーテンのメリット

青いカーテンには全体がブルーの物から柄物までいろいろな種類があります。

柄物もマリン系や北欧系、花など、非常にバリエーション豊富ですよね。青系のカーテンは柄物が豊富なので、全体が青一色というより、柄に青が使われているタイプのカーテンをよく見かけるかもしれません。青系もカーテンの中では定番色ですよね。

まずはカーテン選びの際に意識したい青系カーテンのメリットについて見ていきましょう。

青系カーテンのメリットは4つです。

メリット①青系カーテンはクールな印象がある

青系カーテンのメリットのひとつとして、色自体にクールさ知的という印象が付きまとう点が挙げられます。

青は精神性や知識の色といわれます。心や精神といった内面の色である青は、肉体や生命の色である赤とも比較されるのです。赤が体、要するに外側の色であれば、青色は内面の部分を象徴する色だということですね。

青は知識や精神性の色であると同時に、落ち着きの色でもあります。赤は興奮作用があるといわれますが、青は心を落ち着ける作用があるのだとか。

青にはクールさや知的さ、落ち着きなどを象徴し、印象付けるというメリットがあります。

部屋を知的に見せたい人やクールさを演出したい人、知的な専門職をしている人などは、青いカーテンを取り入れると印象ばっちりかもしれないですね。

メリット②青系カーテンは白や黒とあわせやすい

青系のカーテンは黒と白どちらにもマッチするというメリットがあります。

青系のカーテンを白いレースカーテンや自然素材のカーテンとあわせれば、ナチュラルな中に上品さが感じられます。

対して黒いカーテンとあわせれば、スタイリッシュさやミステリアスな印象になります。黒と合わせる場合は比較的色の濃い青系カーテンなどがマッチするはずです。

青いカーテンにも柄物や色の濃淡が違うカーテンなどいろいろあるので、部屋の雰囲気や調度などにあわせて使い分けるとおすすめです。

また、ラグが灰色系や黒系、白系の場合は、ラグにあわせるかたちでカーテン色をチョイスすることもおすすめします。

メリット③青系カーテンは涼しい印象がある

夏場によく売れる冷たい商品にはよく青系が使われていますよね。

青系は氷や海、涼風、冷感などを連想させますので、夏場に涼を取るための商品に好んでよく使われているのです。青系のカーテンも同じで、涼しい印象があります。

夏などの暑い季節や、部屋の立地が日当たり良好など暑さを感じやすいときは、青系のカーテンは室内を程よく涼しく感じさせてくれるというメリットがあります。レースカーテンにもあわせやすいので、夏場にカーテンを重ねてときにおすすめの色です。

青系カーテンは涼しさを感じさせる柄物が多いのも特徴。水や海、水に住む生き物などの柄が多く、柄的にも涼しさを感じさせてくれるカーテンが多いのです。柄物も、夏場はあわせやすいですね。

メリット④青系カーテンの柄は控えめな印象になる

青系などの寒色系の柄物は、暖色系の同じ柄のカーテンより控えめな印象になるというメリットがあります。

大輪のバラの柄を想像してみてください。真っ赤な大輪のバラと青い大輪のバラ、どちらが色彩的に目立つでしょうか。どちらかというと、赤の方がバラの花が目立つように感じられるのではないでしょうか。

カーテンの柄も同じで、暖色系と寒色系を比較すると、カーテンを広げたときに青などの寒色系の方が控えめに感じるというお客様が多いようです。

同じ柄の暖色系と寒色系で迷ったときに控えめな印象にしたいなら、青などの寒色系を選ぶといいでしょう。

青系カーテンのデメリット

青系カーテンにはデメリットがふたつあります。

カーテンの色選びで後悔しないように、青いカーテンを候補にするときは、デメリットも考慮して選ぶことをおすすめします。

デメリット①青系カーテンは室内が寒々しく感じられる

青系は涼しい印象の色で、実際に冷たさをアピールしたい商品によく使われます。夏場など暑い時期に青系は涼しく感じられるのですが、冬場や秋の終わりごろになると、青系は寒々しく感じられるというデメリットがあるのです。

白は雪を思わせる色ですから、青と白の組み合わせだとますます寒さを感じることでしょう。

暑い季節はいいのですが、冬などの寒い季節だと、寒々しい印象になってしまうのが青系のカーテンです。室内をしっかり暖房で温めていても、どこか室温が低く感じられますよね。

デメリット②青系カーテンは室内が陰気に感じられる

青系のカーテンは、季節や光の取り入れ方によっては陰気に見えるというデメリットもあります。

たとえば、日当たりのよくない、日中も暗い部屋に青いカーテンを付けたとします。青いカーテンは部屋の中で沈んだ色合いに見え、室内の印象も陰気に感じられるはずです。

これが、光を思わせる黄色のカーテンや太陽のような橙色や赤のカーテンだったら、青色のカーテンとまた印象が違ってくるのではないでしょうか。

また、青色のカーテンは冬場など曇りや雪の日が多い季節だと陰鬱に感じられるというデメリットもあるのです。

青色のカーテンは室内の明るさや季節によって室内をより暗く感じさせるため、よく考えて決めてください。

最後に

青色のカーテンは空や海を思わせる色が魅力ですね。青系は涼しさや知識、クールさなどと関連付けられる色で、柄物から一色のカーテンまで人気があります。

青系カーテンには室内を涼やかに見せるというメリットがあるので、季節などを考えて使いぜひ魅力を活かしたいですね。ただ、青系のカーテンは季節によっては寒々しい印象を受けてしまうので、その点は要注意です。

カーテン選びのお悩みや疑問があれば、お気軽に当店へご相談ください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました