灰色のカーテンのメリットとデメリットは?【カーテンの基礎知識】

カーテン

カーテン選びのときや悩みがちなカーテン色。好きなカーテン色を選べばいいのでしょうが、カーテンは日常使いするものですから、やはりその色のカーテンの特徴なども悩んでしまいますよね。

今回の記事では、カーテンによく使われている色の中から灰色(グレー)をピックアップして、灰色のカーテンのメリットとデメリットを専門店の担当がご紹介します。

カーテン選びの参考にしていただければと思います。

灰色のカーテンのメリット

灰色のカーテンは白と黒の中間に位置するカーテンなので、「白はちょっと違う」「でも、黒だと色が濃い」などと悩んでしまったときに重宝するカーテンです。

灰色のカーテンには4つのメリットがあります。まずは、カーテン選びで知っておきたい灰色カーテンのメリットについて見ていきましょう。

メリット①灰色のカーテンは主張が控えめ

灰色のカーテンは主張が控えめです。濃い赤などのカーテンは、色彩のインパクトがあり、面積も相まって室内でも存在感があります。

対して灰色のカーテンは濃い色彩や鮮やかな色彩と比較して存在感が控えめですので、室内の調度などを目立たせたい場合は、灰色のカーテンが重宝します。灰色のカーテンを使えば調度の方が目立つからです。

室内に色彩が多い場合も、灰色はシンプルな色ですから、他の色とあまり衝突しないというメリットがあります。灰色のカーテンは良脇役になってくれるカーテンなのです。

メリット②灰色のカーテンは色が濃すぎない

灰色のカーテンは色が薄いものも多いため、室内が派手な印象になりません。色が薄いカーテンが良い。淡い色合いのカーテンの購入を検討しているという場合は、灰色も候補のひとつになります。

白いカーテンだと汚れやすすぎると思う場合や、寒々しいと感じる場合は、灰色のカーテンをあわせてみてはいかがでしょう。白いカーテンとは違った印象で使えるはずです。

黒いカーテンだと黒すぎる場合も、灰色のカーテンを検討する方法があります。

メリット③灰色のカーテンはオフィスから私室まで使える

灰色のカーテンは私生活にも仕事にも馴染みます。

たとえばオフィスのカーテンを選ぶ場合、オフィスでおこなう仕事の印象もカーテン選びに関わってくるのではないでしょうか。

灰色のカーテンは強い主張がありませんから、どの業種でも使えるカーテンになります。また、スタイリッシュな印象もありますので、コンピューターや法律などを扱う業種も、知的な印象で使えるカーテン色が灰色です。

灰色のカーテンは、私生活にも馴染みます。私室から居間、書斎など、どの部屋でも比較的使いやすい色が灰色です。あまり激しい主張のない色のカーテンがいいという場合は、灰色のカーテンを候補のひとつに加えてみてはいかがでしょう。

メリット④灰色のカーテンは他の色ともあわせやすい

灰色のカーテンは主張が少ないため、他の色ともあわせやすいというメリットがあります。

たとえば淡いピンクのカーテンとあわせるカーテンを探していたとします。黒いカーテンだと、黒という色が強いため、付け方によってはピンク色が目立たなくなってしまいます。

白の場合は淡いピンクともあいますが、寒々しさや汚れやすさを感じさせる色なので、避けたいと思っていました。このようなときは、灰色のカーテンをあわせることも可能です。灰色は黒ほど色が濃くありません。白ほど汚れが目立ったり、雪を思わせるような寒々しい印象を受けたりもしません。

灰色のカーテンは、淡い色などを中心に、比較的他の色カーテンとあわせやすいといえます。

灰色のカーテンのデメリット

灰色のカーテンにはデメリットもあります。カーテンの色選びのときは、灰色のデメリットも考慮して選ぶことをおすすめします。

今度は、灰色のカーテンのデメリットを順番に見てみましょう。

デメリット①灰色のカーテンは汚れが目立ちやすい

白いカーテンほどではありませんが、灰色のカーテンは汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

灰色の中でも色の濃いカーテンの場合は別ですが、白に近い淡い灰色のカーテンは汚れが目立つのです。たとえば、飲み物などを零すと、淡い灰色のカーテンには染みがついてしまいます。洗っても、白に近い灰色のカーテンだとシミが残ってしまうことがあるのです。

灰色の中でも淡い色のカーテンを選ぶときは注意したいポイントになります。

デメリット②灰色のカーテンは色の幅が広いため難しい

灰色は色の幅が広いという特徴があります。しかも、灰色の濃淡によって印象がかなり変わるため、灰色のカーテン選びは難しいという特徴があるのです。

濃い灰色のカーテンを選べば、印象は黒いカーテンに近くなります。反対に淡い灰色のカーテンを選ぶと、印象は白いカーテンに近くなるのです。

灰色は濃淡の幅が広いため、カーテン選びが難しいというデメリットがあります。他の色カーテンとあわせるときは灰色の濃淡にも注意してカーテン選びをしましょう。

デメリット③灰色のカーテンは陰気な印象を受けがち

灰色は曇り空の色でもあります。曇り空の日は、周囲が陰気に見えてしまいますよね。灰色のカーテンは曇りの日の雲や空と同じ色ですから、曇りの日と同じ印象を受けがちです。部屋の調度や立地によっては、灰色のカーテンでさらに陰気になってしまうかもしれません。

灰色は華やかな色合いのように自己主張しない色で、ファッションにもよく取り入れられる色ではないでしょうか。しかし、カーテンの場合は室内に占める面積も広いため、ファッションに灰色を取り入れたときとは違った印象になるはずです。

灰色のカーテンを選ぶときは、室内の印象や灰色自体の印象についても、よく考える必要があります。

最後に

カーテン選びの参考として、灰色のカーテンのメリットとデメリットをご紹介しました。

灰色のカーテンは主張が少なく、黒色の場合は濃すぎ、白色の場合は寒々しすぎるという場合に重宝します。他の色とあわせるときも、灰色は重宝するはずです。オフィスでも使いやすいというメリットもあります。

しかし、灰色は曇りの日の空の色。陰気な印象を受けるというデメリットもあるため、部屋の立地を考えて使ったり、調度を一工夫したりするなど、使い方を考えて選びたいですね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました