黒いカーテンのメリットとデメリットは?【カーテンの基礎知識】

カーテン

カーテン選びの代表的なお悩みのひとつが「色」です。

カーテンの色は悩んでしまいますよね。部屋にあわせると、こちらの色。でも、自分の好みだと、別の色。こんなこともあって、当店にはよく部屋とカーテン色チョイスのご相談があります。

今回の記事では、カーテンの専門店が黒いカーテンのメリットとデメリットについて解説します。黒いカーテンのメリットとデメリットを知って、カーテン選びの参考にしてください!

黒いカーテンのメリット

黒はカーテンの中でも白に並ぶ定番色のひとつです。いろいろなタイプのカーテンで、黒いカーテンは商品にラインナップされています。特に遮光系のカーテンに使われていることが多いでしょうか・・・。

黒いカーテンには4つのメリットがあります。カーテン選びのときに色で悩んだら、黒いカーテンのメリットも考慮して、他の色と比較してみてくださいね。

メリット①黒いカーテンは視線をしっかりガードしてくれる

黒いカーテンは色が濃いため、淡い色のカーテンと比較すれば透け感がありません。比較的布地が薄いカーテンでも、黒い色の場合は他の色より透けにくいという特徴があるのです。

通りに部屋が面していて視線が気になる場合や、室内をしっかりとガードしたい場合は、黒いカーテンが役立ちます。視線ブロックの用途で、好んで黒いカーテンを購入なさるお客様もいます。

色の中でも黒は、かなり透けや視線という面でブロック効果の高い色だということです。

メリット②黒いカーテンは他のカーテンとの色合わせに役立つ

黒いカーテンは他の色カーテンとあわせると、雰囲気が出ます。

黒カーテンだけだと室内で浮く印象があっても、深い青カーテンをあわせると神秘的な印象になりますし、赤いカーテンをあわせると豪華な印象になりますよね。

オレンジと黒の組み合わせやなども、室内の雰囲気を引き締めてくれて、よいものです。このように、黒と他の色をあわせることで他の色彩を引き締め、黒という色の強さを柔らかくすることもできます。

黒は服をあわせるときにもよく使われる色です。カーテンのあわせにも、ぜひ黒カーテンを活用してみてください。黒カーテンだけや、他の色カーテンだけの場合とは雰囲気が変わりますよ。

メリット③黒いカーテンは室内をしっかり暗くしてくれる

黒いカーテンは白などの淡い色合いのカーテンより、室内を暗くしてくれます。

普通のドレープカーテンの場合は、白などの淡い色だと光を多く透過しますが、黒は色の特性上、室内にあまり光を通しません。淡い色合いより室内が暗くなったように感じられるはずです。

遮光カーテンの場合、白などの淡い色合いは、しっかり遮光できていても、色の特性上室内が明るく感じられることがあります。遮光したうえで灯りを消しても、白いカーテンが暗闇に浮き上がるようになってしまい、気になるという人もいます。

黒いカーテンの場合は遮光カーテンなどの場合は、白い遮光カーテンよりしっかりと遮光され、室内も暗く感じられることが多いようです。

映画などを楽しむために室内を暗くしたいという人は、黒いカーテンの方が、メリットが感じられるかもしれません。

メリット④黒いカーテンは手入れ時が一目でわかる

黒いカーテンは汚れが一目でわかります。「デメリットではないか」と思うかもしれませんが、解釈によっては汚れが目立つことはメリットになります。

たとえば、花粉の多い季節に黒いカーテンが花粉で汚れていると目立ちますよね。花粉の多い季節は外から入ってくる砂ぼこりなども多い季節です。黒いカーテンの場合、色しみは目立たないという特徴があるのですが、ホコリやチリ、花粉などの汚れは目立ちます。

黒いカーテンを見てホコリや花粉などの汚れが目立てば、カーテンの洗濯時期など、お手入れの目安を判断しやすくなりますよね。

こまめにカーテンを洗濯するタイプの人の場合、汚れがわかりやすいことは、メリットにもなるわけです。

黒いカーテンのデメリット

黒いカーテンには3つのデメリットがあります。

デメリット①黒いカーテンは陰気に感じられる

黒いカーテンはどうしても陰気な印象になってしまうというデメリットがあります。

黒という色の印象や特徴を考えると、人によっては陰気な印象を受けるようです。しかし、室内を暗く保ちたい人や、落ち着いた雰囲気にしたい人にとっては、黒の印象は必ずしもデメリットになりません。

他の色とあわせることで黒いカーテンの印象も変わるため、組み合わせや使う場面をよく考えてみてください。

デメリット②黒いカーテンは室内で目立ってしまう

黒いカーテンは色の濃さから、室内で浮いてしまうことがあります。

たとえば、部屋全体に淡い色合いや薄い色の木目の家具ばかりを使っていた場合、黒いカーテンを使うとどうでしょう。黒は濃く、インパクトのある色ですから、室内でひときわ目を惹いてしまうかもしれません。

黒い色のカーテンは室内で目立ってしまうことがある。調度などとの兼ね合いによっては、悪目立ちすることもある。調度や家具とのバランスを考えて黒いカーテンを使うことが重要です。

デメリット③黒いカーテンは汚れが目立つ

黒いカーテンは汚れが目立つというデメリットがあります。汚れが目立つのはお手入れ時がわかることでもありますから、メリットと捉える人もいるかもしれません。しかし、人によってはデメリットになります。

洗ってすぐに黒いカーテンを下げると、すぐに砂ホコリや花粉などが目立ってしまう。これでは、洗濯しても洗濯しても足りません。

黒いカーテンは糸くずなども目立ちます。たとえば、ほつれ気味のレースカーテンなどとあわせた場合、ほつれた糸が目立ってしまうこともあります。

黒いカーテンを使うときは注意したいですね。

最後に

黒いカーテンは、カーテンの中では定番です。商品ラインの多くに黒がふくまれているため、購入しやすいカーテンではないでしょうか。

当店でも黒いカーテンを扱っています。

100%遮光カーテン+ミラーレース 4枚セット/2枚セット 1級遮光 北欧メルク-インテリア通販専門店「さくらインテリア」
100%遮光カーテン ミラーレース 4枚セット/2枚セット 1級遮光 完全遮光 超遮光 遮熱 断熱 保温 防音 洗濯可 形状記憶加工 コーティングカーテン レースカーテンセット 北欧メルク

超遮光カーテンのブラックなどは、「室内がしっかり暗くなる」と好評をいただいています。他の色にも魅力はありますが、遮光による暗さを求める場合は、やはり黒は魅力的かもしれないですね。

カーテンでお悩みの方は、お気軽に当店へご相談ください。

黒いカーテンのメリットとデメリットは?【カーテンの基礎知識】

カーテン選びの代表的なお悩みのひとつが「色」です。

カーテンの色は悩んでしまいますよね。部屋にあわせると、こちらの色。でも、自分の好みだと、別の色。こんなこともあって、当店にはよく部屋とカーテン色チョイスのご相談があります。

今回の記事では、カーテンの専門店が黒いカーテンのメリットとデメリットについて解説します。黒いカーテンのメリットとデメリットを知って、カーテン選びの参考にしてください!

黒いカーテンのメリット

黒はカーテンの中でも白に並ぶ定番色のひとつです。いろいろなタイプのカーテンで、黒いカーテンは商品にラインナップされています。特に遮光系のカーテンに使われていることが多いでしょうか・・・。

黒いカーテンには4つのメリットがあります。カーテン選びのときに色で悩んだら、黒いカーテンのメリットも考慮して、他の色と比較してみてくださいね。

メリット①黒いカーテンは視線をしっかりガードしてくれる

黒いカーテンは色が濃いため、淡い色のカーテンと比較すれば透け感がありません。比較的布地が薄いカーテンでも、黒い色の場合は他の色より透けにくいという特徴があるのです。

通りに部屋が面していて視線が気になる場合や、室内をしっかりとガードしたい場合は、黒いカーテンが役立ちます。視線ブロックの用途で、好んで黒いカーテンを購入なさるお客様もいます。

色の中でも黒は、かなり透けや視線という面でブロック効果の高い色だということです。

メリット②黒いカーテンは他のカーテンとの色合わせに役立つ

黒いカーテンは他の色カーテンとあわせると、雰囲気が出ます。

黒カーテンだけだと室内で浮く印象があっても、深い青カーテンをあわせると神秘的な印象になりますし、赤いカーテンをあわせると豪華な印象になりますよね。

オレンジと黒の組み合わせやなども、室内の雰囲気を引き締めてくれて、よいものです。このように、黒と他の色をあわせることで他の色彩を引き締め、黒という色の強さを柔らかくすることもできます。

黒は服をあわせるときにもよく使われる色です。カーテンのあわせにも、ぜひ黒カーテンを活用してみてください。黒カーテンだけや、他の色カーテンだけの場合とは雰囲気が変わりますよ。

メリット③黒いカーテンは室内をしっかり暗くしてくれる

黒いカーテンは白などの淡い色合いのカーテンより、室内を暗くしてくれます。

普通のドレープカーテンの場合は、白などの淡い色だと光を多く透過しますが、黒は色の特性上、室内にあまり光を通しません。淡い色合いより室内が暗くなったように感じられるはずです。

遮光カーテンの場合、白などの淡い色合いは、しっかり遮光できていても、色の特性上室内が明るく感じられることがあります。遮光したうえで灯りを消しても、白いカーテンが暗闇に浮き上がるようになってしまい、気になるという人もいます。

黒いカーテンの場合は遮光カーテンなどの場合は、白い遮光カーテンよりしっかりと遮光され、室内も暗く感じられることが多いようです。

映画などを楽しむために室内を暗くしたいという人は、黒いカーテンの方が、メリットが感じられるかもしれません。

メリット④黒いカーテンは手入れ時が一目でわかる

黒いカーテンは汚れが一目でわかります。「デメリットではないか」と思うかもしれませんが、解釈によっては汚れが目立つことはメリットになります。

たとえば、花粉の多い季節に黒いカーテンが花粉で汚れていると目立ちますよね。花粉の多い季節は外から入ってくる砂ぼこりなども多い季節です。黒いカーテンの場合、色しみは目立たないという特徴があるのですが、ホコリやチリ、花粉などの汚れは目立ちます。

黒いカーテンを見てホコリや花粉などの汚れが目立てば、カーテンの洗濯時期など、お手入れの目安を判断しやすくなりますよね。

こまめにカーテンを洗濯するタイプの人の場合、汚れがわかりやすいことは、メリットにもなるわけです。

黒いカーテンのデメリット

黒いカーテンには3つのデメリットがあります。

デメリット①黒いカーテンは陰気に感じられる

黒いカーテンはどうしても陰気な印象になってしまうというデメリットがあります。

黒という色の印象や特徴を考えると、人によっては陰気な印象を受けるようです。しかし、室内を暗く保ちたい人や、落ち着いた雰囲気にしたい人にとっては、黒の印象は必ずしもデメリットになりません。

他の色とあわせることで黒いカーテンの印象も変わるため、組み合わせや使う場面をよく考えてみてください。

デメリット②黒いカーテンは室内で目立ってしまう

黒いカーテンは色の濃さから、室内で浮いてしまうことがあります。

たとえば、部屋全体に淡い色合いや薄い色の木目の家具ばかりを使っていた場合、黒いカーテンを使うとどうでしょう。黒は濃く、インパクトのある色ですから、室内でひときわ目を惹いてしまうかもしれません。

黒い色のカーテンは室内で目立ってしまうことがある。調度などとの兼ね合いによっては、悪目立ちすることもある。調度や家具とのバランスを考えて黒いカーテンを使うことが重要です。

デメリット③黒いカーテンは汚れが目立つ

黒いカーテンは汚れが目立つというデメリットがあります。汚れが目立つのはお手入れ時がわかることでもありますから、メリットと捉える人もいるかもしれません。しかし、人によってはデメリットになります。

洗ってすぐに黒いカーテンを下げると、すぐに砂ホコリや花粉などが目立ってしまう。これでは、洗濯しても洗濯しても足りません。

黒いカーテンは糸くずなども目立ちます。たとえば、ほつれ気味のレースカーテンなどとあわせた場合、ほつれた糸が目立ってしまうこともあります。

黒いカーテンを使うときは注意したいですね。

最後に

黒いカーテンは、カーテンの中では定番です。商品ラインの多くに黒がふくまれているため、購入しやすいカーテンではないでしょうか。

当店でも黒いカーテンを扱っています。

100%遮光カーテン+ミラーレース 4枚セット/2枚セット 1級遮光 北欧メルク-インテリア通販専門店「さくらインテリア」
100%遮光カーテン ミラーレース 4枚セット/2枚セット 1級遮光 完全遮光 超遮光 遮熱 断熱 保温 防音 洗濯可 形状記憶加工 コーティングカーテン レースカーテンセット 北欧メルク

超遮光カーテンのブラックなどは、「室内がしっかり暗くなる」と好評をいただいています。他の色にも魅力はありますが、遮光による暗さを求める場合は、やはり黒は魅力的かもしれないですね。

カーテンでお悩みの方は、お気軽に当店へご相談ください。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました