ブラインド選びの失敗実例集5選!よくある失敗から意外な失敗まで

カーテン

新しいブラインドを購入して家で開封したら「失敗した!」・・・このような経験はないでしょうか。あるいは、これからブラインドを購入しようと考えていて、「失敗したくないな」と考えていませんか。

今回の記事では、ブラインドの購入でよくある失敗をご紹介します。ブラインドの購入で失敗した経験があるので、次こそ失敗したくない。ブラインドを買うので、失敗は回避したい。失敗しないブランド選びのために、よくある失敗や意外な失敗について知って、参考にしてはいかがでしょう?

ブラインド選びの失敗例5選!よくある失敗・意外な失敗

ブラインド選びの失敗例を順番に見ていきましょう。ブラインドを扱っている当店のスタッフが厳選した、よくある失敗と意外な失敗事例5つです。

失敗例①ブラインドのサイズミス!縦と横を間違えた

ブラインドを選ぶときにサイズミスはよくある失敗例です。

窓サイズのはかり間違いや、大雑把にはかってしまったために窓よりやや大き目サイズを買ってしまったなど、ブラインドサイズにまつわる失敗はよくあります。中には「ぴったりはかったはずなのに、自宅の窓に合わせてみたら3センチくらい大きかった」などの失敗例も。反対に、ぴったりサイズを買ったはずなのに、ブラインドが窓より小さかったなどの失敗例もあるのです。

さらに、ブラインドを選ぶときに縦と横を間違えてしまったという失敗例もあります。縦と横のサイズを間違えて選んでしまうと致命的です。多少のサイズミスなら使える可能性もあるのですが、縦横を間違えてしまうと、ブラインド自体が窓辺にはまりませんよね。

ブラインドの縦横を間違える。サイズの記載などのときは、注意したいものです。ブラインドを買うときも、縦と横のサイズを読み間違えないように要注意です。

失敗例②ブラインドが想像していた色と違っていた

インターネットで画像を見ると色が違って見えるもの。ブラインドのお店のサイトで「素敵な色だな」と思って注文したブラインドが届いてみると、サイトで見た色と違っていることがあります。

確かにサイトには「ネットの画像と実際の色はずれていることがある」と記載されているけれど、あまりにも色合いがずれすぎではないでしょうか・・・。

このような失敗例はよくあることです。

ネットの色に合わせてブラインドを選んだ場合、実際のブラインドの色とずれ過ぎていると、部屋から浮いてしまいますよね。

ブラインドの色で失敗したくないときは、取り扱っている専門店に問い合わせることもひとつの方法。問い合わせをすることで、例を使ってよりわかりやすく色を説明してくれる可能性があります。ブラインドの色で失敗したくない場合は、専門店側に「画像だと色がわかりにくくて」と伝えて相談してみてください。

失敗例③ブラインドの取り付けができなかった

突っ張り棒でブラインドを取り付けようと思って購入したが、ブラインドの取り付けができなかった。これもよくある失敗例です。

ブラインドは金具などで取り付けをしなくても、突破り棒などでも取り付けできるようになっています。のれんなども突っ張り棒を使って取り付けることもありますし、カーテンも突っ張り棒を使ってカーテンレールのないところに取り付けることがありますよね。突っ張り棒を使った取り付け方法自体は、よくある方法だといえます。

しかし、よくある方法だからこそミスしてしまうもの。自分の家にも突っ張り棒で取り付けできると思ってしまうのです。しかし、家の壁によっては突っ張り棒での取り付けはできません。なぜなら、突っ張り棒による取り付けは平らな壁を想定しているからです。

凹凸のある壁や砂壁などのざらざらした壁、ベニヤなどは突っ張り棒による取り付けの対象外。この他、汚れた壁も突っ張り棒による取り付けが難しくなっているのです。

タバコや油で汚れた壁は、汚れのせいでべたべたしたり、凹凸ができたりしています。掃除が不十分な壁に突っ張り棒をつけようとして上手くいかなかったという失敗談もあるのです。

失敗例④ブラインドを上げ下げが重い

窓が大きく、大きな窓に合わせて1枚のブラインドを購入したときにありがちな失敗例です。

ブラインドを紐で巻き上げようとしても、ブラインド自体の重量がありますから一苦労。ブラインドが小さいタイプなら楽に巻き上げられるのですが、大きな窓に合わせて大きなブラインド1枚を買ってしまうと、ずっしりとした重量感に驚くことになります。

中には「ブラインドを別のお店から買ったのですが、重くて自分で巻き上げができなくて」というお客様も。このお客様の場合は、旦那様や息子さんにブラインドの上げ下げをしてもらっていたそうです。

ですが、ブラインドの上げ下げを自分でできないと、日中の採光もできないということ。困ってしまい、ブラインドをやめてカーテンにチェンジしたいというご要望から当店へと相談したという話でした。

ブラインドも大きくなると意外と重量があるものです。ブラインドは上げ下げすることを忘れないでサイズを選びたいですね。

失敗例⑤窓枠にブランドが入らなかった

この失敗例もサイズミスになります。ブラインドをはじめて買う人がよくやりがちな失敗例です。

ブラインドを天井付けで使おうと予定して購入。実際に届いたブラインドを窓枠の中に取り付けようとすると、ブラインドが窓枠の中に入らない・・・!

ブラインドを天井付けで使う場合、窓枠の中にブラインドを押し込むようにして使います。ブラインドを選ぶときに窓枠ぴったりのサイズを買ってしまうと、窓枠の中にブラインドが入らないのです。

ブラインドは取り付け方に合わせた選び方が重要ですね。

最後に

ブラインド選びのよくある失敗事例を5つご紹介しました。

サイズミスなどはありがちな失敗例ですが、ブラインドの上げ下げが大変という失敗事例は意外な話ではないでしょうか。今回ご紹介した失敗事例はあくまで一例。中にはこれ以外のブラインド失敗事例もあります。

せっかくブラインドを買うのですから、失敗は避けたいもの。ブラインド選びの失敗を避けるためにも、ブラインド購入時の疑問やお困りがあれば、お気軽に当店へご相談くださいね。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました